ストレス発散で新型ウィルスを乗り越える

人間はストレスをため込むと色々な悪影響が出ます。暴飲暴食をしたり、睡眠不足になったり、気分の浮き沈みが目立つようになります。新型ウイルスによって自由に遊びにいくのが難しくなり、どこに行くにも人混みを避けたり、マスクを着用しなければいけない状況です。

コロナ疲れは強度の神経質から起こることもあります。過剰にウイルスを意識してしまい、神経質になりすぎてしまうケースも多いです。人が触ったものを全て消毒したり、マスクをしていない人に激怒するという行動は、過剰に反応し過ぎている可能性が高いです。予防意識が強いのは素晴らしいことですが、過剰になってしまうとトラブルの原因になります。

自宅にいる時間が増えて、以前までのライフスタイルが大きく変化してしまったという人も多いです。外出自粛で疲弊しがちな人も増えています。自宅にいる時間が長くなると運動不足になりますし、外に出て日光を浴びないと自律神経が乱れてしまいます。人間は日光を浴びると、「セロトニン」という神経伝達物質が脳内で分泌されます。このセロトニンが不足してしまうとストレス障害や睡眠障害、精神的な病気の原因になります。たまには外に出て、日光を15分から30分程度浴びながら散歩をすることで「セロトニン」を分泌させてストレスの蓄積を防ぐことが出来ます。

人が混雑しているところ、混雑している時間帯などを避ければ、マスクをしながら散歩をすることくらいは十分可能です。公共交通機関を使わないと仕事にいけないという人は、ピークの時間に公共交通機関を使うのではなく、少し時間帯を変えて利用するのがお勧めです。いつもよりも少し早い電車やバスで出勤するという工夫が大事になります。会社側も従業員の出勤時間を調整するのが大切です。全員が同じ時間に出勤しないように、勤務体系を変更したり、就業時間を短縮するなどの調整を行うと良いです。午前と午後に分けて出勤させている会社もあり、働き方も少し変えていく必要があります。仕事に支障が出ないように、プライベートの時間を充実させることも大事です。

基本的には生活リズムを崩さないにして、規則正しく生活するべきです。在宅勤務や外出自粛など、自宅にいる時間が長くなったからといって乱れた生活を送っていると非常に危険です。自宅にいる時間が長くなると、運動不足になりますし、食欲に負けて食べ過ぎてしまう人が多くなります。運度不足と不摂生が続くとどんどん太りますし、体脂肪が増えて健康にも悪影響が及びます。そこで色々なストレス発散方法を取り入れていくのが良いです。運動不足にならないように、自宅で出来るトレーニングなどをやったほうが良いです。

今はyoutubeという便利なツールがあるので、家から出なくても動画を見るだけでトレーニングをすることが出来ます。部屋の中で出来る運動を毎日行うことでカロリーを消費することが出来ますし、健康にもなります。運動をすると気分がすっきりしますし、ストレス解消にもつながります。家にいると常に何か食べてしまうという人は、1時間以上運動をした方が良いです。運動中はあまり空腹を感じないですし、カロリーを消費することが出来るので太りにくくなります。屋内でのストレス発散方法の中で、一番お勧めなのは筋力トレーニングです。筋力トレーニングで筋肉量を増やすと代謝が上がり、食べても脂肪がつきにくくなります。家にいる時間を有効に使うために、トレーニング器具を購入する人も増えています。家で筋力トレーニングをやるためには、ベンチとダンベルが必要になります。重たいものを扱いたいので合えば、パワーラックや可変式ダンベルなどが最適です。賃貸物件に住んでいる場合は、床を傷つけないようにマットなどを敷く必要があります。マットを敷くことで傷から床を守ることが出来ますし、防音対策にもなります。筋力トレーニングをすると、日光を浴びたときと同じように「セロトニン」が分泌されます。

家にいながら「セロトニン」を分泌させたいのであれば、筋力トレーニングが最適です。ストレスを解消して元気良く過ごすことが出来ます。野外でのストレス発散方法でお勧めなのは、ウォーキングやランニングです。ウォーキングはゆっくりでも良いので40分くらい行うと効果的です。20分くらいだと脂肪燃焼が起こりにくいので、最低でも40分以上頑張ります。ランニングは心拍数が上がるので、体力的にはつらいですが心肺機能を鍛えることが出来るので積極的にやったほうが良いです。心拍数が上がって血流が促進されると気分もリフレッシュします。外出するときはしっかりと対策をして自分の身を守ることが大事です。運動をすると体が熱くなってマスクを外したくなりますが、極力外さずに運動するのが良いです。呼吸がつらいときは鼻だけ出すと呼吸が少し楽になります。熱中症予防のために水分をたくさん摂取するのも大事です。

ホーム