暑さから身を守るには

日本の夏は年々暑くなってきていて全国各地で猛暑日となっており、観測史上最高の気温を記録する地域も急増中です。暑さのせいで食欲が低下し栄養不足や食事が出来なくなりエネルギー不足に陥る、屋外に一歩出ただけで汗だくになってしまい全身がベタベタして常に不快感がつきまとう、体がだるくてやる気が出ずすぐに疲れてしまいもうひと踏ん張りがきかないなどの悩みがあり、夏バテ気味でアクティブに過ごせず悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。しかし、たかが夏バテと軽視するのは危険です。夏バテが熱中症に発展して取り返しの事態に陥るリスクもはらんでいますので、暑さから自分の身を守るための積極的な対策をすべきです。

市川斉 夏バテ

そもそも熱中症とはどのようなものかというと、人間の体に本来備わっている体温調節機能が気温や湿度の上昇によって低下し、脱水症状に陥り体内の水分やナトリウムが失われて様々な不調があらわれるというものです。頭痛や吐き気やめまいや痙攣やこむら返りや異常な発汗や火照りや倦怠感などの不調があらわれ、重症の場合は意識障害を引き起こして呼びかけに反応しなくなってしまうこともあります。

熱中症時の応急処置についてですが、一刻も早く体を冷やして体温を下げて水やスポーツドリンクなどで水分補給をすべきです。エアコンや扇風機やサーキュレーターを用いて温度と湿度を速やかに下げる、脇の下や脚の付け根や首など太い血管が通っている部位を保冷剤などで冷やすなどの対処が効果的です。とにかく安静にして回復を待ちます。

重傷で意識障害などがある場合は救急車を呼びましょう。お年寄りや子どもは重症化しやすい傾向にありますので、周りの人が注意深く見守ってあげる必要があります。暑さから身を守るには、猛暑日は不要不急の外出を避けてエアコンのきいた屋内にいるようにする、喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をして脱水症状にならないようにする、外出をする際は日傘をさしたりつばが広いハットをかぶったりして紫外線対策を行う、栄養バランスの良い食事や質の高い睡眠や適度な運動を意識して免疫力を向上させるなどの熱中症の予防法を実践し、自分は大丈夫だと過信しすぎないことが大切です。

冷房病の予防法としては、カーディガンなどの羽織れるものを持ち歩き適宜着用する、生姜などの体を温める作用を持つ食べ物を食べたりぬるめのお風呂にゆっくり浸かったりして冷えない体づくりをする、エアコンの温度設定を27~28度にするなどがあります。積極的な対策を講じて、暑い夏を健康的に安全に快適に乗り切りましょう。